アーカイブ

《ありがとうがいっぱい》「先人の熱い思いを繋いでいこう」2021年9月号

コロナ感染は、まだまだ予断を許さない状況です。引き続き手洗い・マスク・換気を徹底し自分の身を守ると同時に 周りの人にうつさない配慮をしましょう。 さて今月は創立60周年のつながりで広島の有名な郷土史家の方が『ひろしま管財』の創業者 川妻卓二の事を記事にして下さいました。私の祖父(創業者)・父(前会長... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「幸せも健康も自分で守りましょう」2021.8月号

昭和36年8月8日、創業者である川妻卓二(社長の祖父)が『この日は末広がりで縁起が良いから』との理由で広島管財を創業しました。そして今年60周年を機に「広島管財」から「ひろしま管財」に社名を変更しました。多くのお客様からも励ましの言葉をたくさん頂き、改めて60年の重みと責任を感じているところです。 ... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「再度確認をしましょう」2021.7月号

梅雨の終盤、雨の予報のたびに広島市内を襲ったあの大雨を思い出します。 皆さんハザードマップの確認やコロナ禍での避難についてご家族や各職場の方たちと話し合いをされていますでしょうか?災害は思わぬ時にやってきます。ぜひ災害マニュアルを再度確認していただき、これから来るであろう台風や大雨に十分備えていただ... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「皆さんと共に更なる飛躍を目指して」2021.6月号

雨に濡れ、美しく咲き誇っている紫陽花。この美しさを感じるゆとりが少しずつ出てきたように感じます。長い長いコロナとの闘いに皆さんも疲れを隠せないのではないでしょうか?非日常の生活が1年半を過ぎ、ようやくワクチン接種が始まりました。すでに現場の方の中にはワクチン接種を済まされた方からの報告も入り始めてい... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「あらためて、『感染を防ぐ』ということ」2021.5月号

新緑の美しい季節にも関わらず、しばらく落ち着きを見せていた広島県内のコロナ感染者数も一気に増えはじめました。今までよりも感染力の強い変異株も確認され、いよいよ第4波へ突入のようにも思われます。ゴールデンウィークが明けたころから消毒の問い合わせも増えて参りました。ただ、ありがたいことに現時点で弊社社員... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「意思の共有化」2021.4月号

桜の開花が平年より早かったですが、それでも長く花を楽しむことが出来ましたね。満開の桜と黄色い菜の花を見るたび『日本に住んでいてよかった!』と思います。 これからは一雨ごとに新緑が鮮やかになり季節の変化を楽しむことが出来ます。 さて、落ち着いていたコロナも変異株の感染も加わり患者の数が増えてきました。... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「心に響く名言」2021.3月号

今年は、春の訪れが早いのか3月中旬には桜の開花が予想されているそうです。昨年に引き続き桜の下で宴会を開くことやお弁当を広げる事はまだまだできませんが、ウィズコロナの中での対応にも慣れてきた私たちは、桜にスイセン、菜の花などなど『春』という季節をしっかり楽しみ、心にゆとりを持ちたいと思います。 さて、... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「誇りと責任ある仕事」2021.2月号

今年の節分は、124年ぶりに2月2日でしたね。今年は大きな声で思いっきり「鬼は~外!福は~内!」とはできませんでしたが、一日でも早くコロナが収束することを願っていつも以上に気持ちを込めた方も多かったのではないでしょうか。 日本で初めて新型コロナのニュースが流れて早いもので一年が経過しました。この一年... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「みなさんに感謝」2020.12月号

師走に入り、本来であれば街には人があふれ、賑わうはずですが、今年はコロナに始まりコロナに終わる一年ですね。先月の社内報でお配りしましたコロナ感染対策マニュアルについてお客様や業界から、迅速かつ適格な対応に感心のお言葉をいただきました。身近に迫ってきて決して他人ごとではありませんので、『うつらない・う... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「気持ちをひとつに…!」2020.11月号

11月に入り朝晩の冷え込みを急に感じるようになりました。山々の木々は、真っ赤に色づいて私たちの目を楽しませてくれています。毎年のことながら季節が確実に変わりつつあることを感じられることに、今年は特に感謝の気持ちを強く感じます。   さて、アメリカ大統領選挙のトランプ派とバイデン派の支持者が... 続きを読む