アーカイブ

《ありがとうがいっぱい》「平和への想い」2019.8月号

74回目の8月6日の朝、連日の猛暑とはうってかわって、台風の影響か風雨により少し涼しい朝を迎えました。例年の事ながら私は広島女学院で行われた慰霊祭を訪れました。私事ではありますが、父の姉(川越三千子)の名前が教職員の中に刻まれています。その夏疎開をしていた叔母ですが、くしくも前日から広島市中区の嫁ぎ... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「第60期スタート」

広島管財、第60期がスタートいたしました。 経営理念 ~ありがとうがいっぱい~ ・お客様からは管財にお願いして良かったと言われるように ・社員からは管財に勤めて良かったと言われるように ・そして社員の幸福・働き甲斐と会社の発展とが一致するように これを基本としながら、今期の現場方針を決定いたしました... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「広島から世界へ」2019.6月号

広島を襲った豪雨から1年、つい先日も早朝から避難指示が出る程の雨が降りました。気象庁の大雨による警戒レベルの表示も5段階に変更され、レベル4以上は身の安全を確保し避難をすることとなったそうです。弊社の災害対策マニュアルと合わせて対応してください。このような時こそ報告・連絡・相談・確認が重要となります... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「『令和』をどういきますか?」2019.5月号

4月30日から5月1日、皇室との距離がとても近く感じられました。皇居で行われた一連の行事の中で前天皇陛下が松の間での式典を終えられ壇上を降りられるとき、美智子前皇后さまにそっと手を差し伸べられる仕草や、松の間を後にされるときも振り返り深く一礼されたお姿を拝見し、国民の象徴としてなんと懐深く、多くの困... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「新しい時代」2019.4月号

間もなく「平成」という時代が幕を閉じようとしています。皆さんは元号についてどのくらい知っておられますか?私は今まであまり意識をしながら使っていたわけではありませんが、この機会に少し調べてみました。元号は中国漢の時代に皇帝が時間を支配するためにはじめられたものです。日本では大化の改新(645年)の時が... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「Let’s Smile!」2019.3月号

冬の寒さで縮こまっていた体が、春の日差しに向って自然と伸びている事に気が付き、自然の力の偉大さを改めて実感しているところです。皆さんはいかがですか?まだまだ縮こまっている方は大きく伸びをしてみませんか? 先日、私が所属している経済団体の会合で、若手社員の方々の話を聴く機会がありました。『自分にとって... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「共に変わろう!」2019.2月号

立春も過ぎ春は確実に訪れているはずですが、日本列島、春のような気候から積雪。ジェットコースターのような毎日ですね。広島は比較的暖かく過ごしやすいですね。 また、全国的にインフルエンザの患者数も過去最高だそうです。これからはPM2.5と花粉症も加わってきます。最近では「インフル花粉症」という言葉までで... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「新年あけましておめでとうございます」2019.1月号

皆様どんなお正月を迎えられましたでしょうか? きっとお一人お一人気持ち新たに「今年はこうありたい」とか「今年はこうしよう!」とか思われた方も多い事と思います。 会社からお出ししたお年賀状では「めまぐるしく変化する時代ではありますが、皆様のご期待に応えるべく精進して参る所存です。」と書かせていただきま... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「働き方改革施行に向けて」2018.12月号

この一週間、夏日から雪がちらつくぐらいと、気温差に体がついていかない人も多いのではないでしょうか。 さて、来春から働き方改革が施行されます。弊社も勿論そこのところをしっかり考えていかなければいけないと思っています。そこで今日は皆さん自身の働き方を考えてみる良い機会にしていただきたいと思います。 &n... 続きを読む

《ありがとうがいっぱい》「決められたルールを守りましょう」2018.11月号

先月、私はビルメンの仕事をする上で必須の資格更新のため、東京で講習(建築物衛生法の統括管理者)と試験を受けてきました。 研修の度に皆さんにはお話させて頂いていますが、ビルメン業も警備業もそれぞれ関係省庁へ届け出をして、仕事が出来る仕組みになっています。それゆえに皆さんにも本社で行われる研修を受けてく... 続きを読む