月別アーカイブ: 2016年5月

《社員ブログ》「新入社員の魂 定年まで」2016.5④

ビルメンテナンス部の寺本です。

 先日、社用車を運転中にRCCラジオからこんなニュースが流れてきました。

『文部科学相の諮問機関・中央教育審議会の作業部会は17日、2020年度から小学校の国語で、大阪の「阪」や埼玉の「埼」など都道府県名に使う漢字20字を新たに教えることを決めた。』

 そうか、小学生の時に社会の授業では都道府県について学びますが、国語の授業で漢字は習わないのですね。

 私、恥ずかしながら全国47都道府県を漢字で書ける自信、全くありません…

 皆さんは書く自信ありますか?

 このニュースを聞いて、小学生のうちに習っておくのはとても必要だと思いました。私も小学生のうちに習っておけば…笑

 今、小学校5,6年生は『外国語活動』が必修化されているみたいですね。これも、中学校から習うよりも、ある程度慣れておく事は必要だと思います。

 私は、小学生のうちに多くの事を学んでおく事はとても良い事だと思います。中学生になったら部活や恋愛で放課後や休日が忙しくなりますし、家に帰ってもみんなの話題についていけるようテレビを観るわけですよ。勉強するのも大変ですよね(私だけ?)

 小学生にしてみれば習う事が多くなりますが、頭が柔らかいうちに多くの事を学んでおくべきだと思います。年齢を重ねるにつれて、『覚える』ことが山ほどありますから、子供の頃から『覚える』クセやコツを身につけるほうが良いです。

 子供の頃に覚えた事って、大人になっても覚えている事ばかりです。子供って自分で覚えた事をアウトプットする事が楽しいですから、それで褒めてもらえる、また新しいことを『覚える』、この繰り返しが良い成長に繋がりますよね。

 それに、子供は何にでも興味を持ちます。大人にとっては何でもない事に、すごく執着して『知ろう』とします。

 私、3歳と1歳の子供がおりますが、毎日色々な事を聞いてきます。本当たいへんですよ、ウソや間違ったことを教える訳にはいかないですから。中には子供に分かるように説明するのが難しい事柄もあります。そういう時は、ファンタジーな世界観で説明すると納得してもらえます…笑

 二人とも保育園に通っていますが、誰かが教えたのか勝手に覚えたのか、日に日にボキャブラリーが豊富になっていきます。そして、色々な事が出来るようになって帰ってきます。

 先日は息子に、正しいイスの座り方をレクチャーされました…笑

 変に大人の常識や社会に染まってしまう前に、心が純粋で素直なうちに、多くの『正しい事』を学んでほしいと願います。

 これは会社でも、新入社員の方に同じ事を思います。

 学生気分では仕事は勤まりません。一から『会社』とは、『社会』とは、『お金を稼ぐ大変さ』を学んでいかなければなりません。

 先日も、うちの新入社員に『自分に与えられた仕事』について話したばかりです。自分がどう思ったとしても、与えられた仕事をやらなければなりません。自分の好きな仕事、楽な仕事ばかりでは無いですから。時には逃げたくなるような仕事も全力でやらなければいけません。

 私が社会に出た時を思い返すと、毎日失敗の連続だったように思います。失敗した事は今でも印象強く覚えていますし、失敗から学んだ事のほうが多いです。

『あの時のあの失敗が自分を成長させてくれた』

 みなさんにも、そういう経験ないですか?

 子供のうちに、若いうちに、色々な事を吸収できるうちに、多くの『正しい事』を学んで『覚えて』欲しいと思います。

 それが糧となり、後々の自分を必ず助けてくれます。私も何度過去の自分に助けられたことか…

 最近話題になっているニュースではありませんが、『正しい事』をできない企業は社会的な制裁を受けてしまいます。そこで雇用されている従業員、仕事を受発注している取引先、商品を購入したお客様、信用を失ってしまうのは一瞬です。

 私は人を教育できるほど立派な人間ではありませんが、少なからず私の経験をもとにアドバイスする事はできます。できるだけ物事を押し付けずに、自分で考える力を養ってもらえるよう接していきます。

 さあ、私もまだまだ子供と新入社員と一緒に成長したいと思います。

  • いいね (18)

《社員ブログ》「相手の立場に立って仕事をしよう!」2016.5③

私達の会社で毎朝実践しているコーチング型朝礼「13の徳目」の5月の月間テーマです。

日本はだいぶ暑くなってきました。 どうも、ビルメンテナンス部 山田 です。

 

今回、まずはサッカーの話しです。 Jリーグの選手達はこれから1stステージの佳境を迎え、大変な時期になってきます。

しかし、遠く離れたヨーロッパではシーズン終了を迎える時期で各国で「優勝だ~!」「残留だ~!」てな感じのニュースが聞こえてきますね。

先日、イングランド(プレミア)リーグで優勝を決めた「レスター・シティ」と言うクラブがあります。

日本代表の岡崎慎司選手が所属するクラブであった為、日本のニュースでもそれなりに取り上げられ、サッカーに興味のない人でも多少耳にしたかも知れませんね。 実はこのクラブ、今シーズンはイギリスのみならず世界中のサッカーファンの注目を集め続けました。

昨シーズンはギリギリで残留した同クラブはチーム予算がリーグで17番目、めぼしい補強もなく、しかもシーズン開始直前に監督が交代するなど内部でゴタゴタもあるなどあって、開幕前のブックメーカーがつけた優勝オッズはなんと5001倍でした(笑)

1000円賭ければ50万円の配当になるような状態ですよ。

 

ところがリーグが開幕すると快進撃を見せ、あれよあれよと勝ち点を積み重ねる。 特にエースストライカーの「ジェイミー・ヴァーディー(28)」選手は7部のアマチュアクラブでカーボンファイバー工場で働きながらプレーをしていた経歴もあり、彼のサクセスストーリも含めサッカーに関心のないイギリス人からも「レスター・シティ」の話題が消えることは無かったそうです。

 

 

もちろん、その中でレギュラーとして活躍する岡崎選手も大変な注目を集め続けていましたよ。

その他、別のクラブで戦力外になっていたベテランのドイツ人DFやクラブ最高額の移籍金で獲得したものの、169cmと小柄で線も細く「金の無駄使い!」「なけなしのお金をドブに捨てた!」と酷評されたフランス人MF、そして、何と言っても開幕直前に(たった4ヶ月でギリシャ代表監督を解任されたばかり!)招聘されたイタリア人監督までもが、驚くべき活躍を見せる結果になり、イギリス人のみならずとも世界中で「奇跡の優勝だ!」と称賛を浴びていました。

先日、優勝が決まった(2位のチームが引き分けて優勝決定!)試合ではチーム全員がヴァーディー選手の自宅に集まり、優勝を祝う姿が映像で紹介されていましたが、結果を残すチームの一体感を感じられるニュースでとても素晴らしいものでしたね。

 

 

ところで、サッカーに関心がない人達でも注目した「レスター・シティ」が優勝したイギリスに、その「レスター・シティ」が優勝を決めた週にイギリスを訪問した日本人がいます。

それは内閣総理大臣の安倍晋三氏でありますよ。

5月5日、安倍総理はイギリス訪問中にキャメロン首相と共同会見に出席しました。 その会見の冒頭にキャメロン首相が述べた言葉をここに示しますね。

「安倍首相が英国に戻ってこられたことを歓迎します。そしてレスター・シティによって我が国にとって歴史的な一週間だったので、サッカーを見ている国民が日本人ストライカーの岡崎慎司にどれだけ夢中になっているかをお伝えしながら、キックオフしたいと思います。」「彼は驚くべきタイトル獲得の重要な役割を示した。彼の能力は国の姿勢を表していると思います。」

キャメロン首相!!なかなか粋な事を言いますね~。

岡崎慎司の献身的なプレースタイルを日本人の国民性になぞっており、見事なコメントだと思います。

これに対して安倍総理がなんと言ったのかというと…、ムムム、どこにも載ってない。

最近は翻訳ソフトのおかげで外国のサイトも結構日本語に訳せるのですが、キャメロン首相のコメントに対する安倍総理のコメントはどこにも報道されていませんでした。残念!

それは何故か? …つまるところ「たいしたこと(報道するに値すること)を言ってない!」と言うことでしょうね。

もちろん、安倍総理も総理に同行した政府の方々もサッカーにはそれほど興味はないのでしょう。

正直、キャメロン首相のコメントに「ポカーン!」となったかも知れません。

ただ、キャメロン首相がサッカーが大好きな事はたびたびマスコミ等に報道されており、また、イギリス全土で「レスター・シティ」が話題になっている事は「さぁ、これからイギリスに訪問しよう!」とするならば、サッカーに疎くても知っていなくてはいけない事だと思います。

 

「相手が何を好み、相手に現在何が起こっているのか?」 キャメロン首相のこのコメントに対してジェイミー・ヴァーディーを称えながらイギリス人又はイギリスと言う国を尊敬するようなコメントが準備出来ていなかったとすれば、それは明らかに安倍総理と日本政府は「相手の立場に立って仕事が出来なかった!」という事になるでしょう。 もし、これがメルケルだったら、オランドだったら、ベルルスコ…間違えた(笑)レンツィだったら、「もっと素敵な返答をして、我々庶民を楽しませてくれてたはずだよね!」と思ってしまいます。

実際にはこの程度の事は政治的にたいした影響はないのでしょう。

ですが、日本人としては少々悲しくなってしまいました。

 

 

「相手の立場に立って仕事をしよう!」 普段、仕事をしている私達にとっても決して他人事ではなく、常日頃から意識していかなくてはいけない重要な事だと思います。 そう、そして、それは「準備」と言うものも大切さを教えてくれる!そんな出来事であったのだと胸に刻むのでありました。

 

 

 

  • いいね (19)

《社員ブログ》「最近はまっていることの話。」2016.5②

総務部の高木です。

最近写真をよく撮ります。スマホでですが。もっぱら風景とかおいしそうなものをみつけては撮りためています。

それにしても最近カメラ片手に歩いてる女子多いですよね。本当は一眼レフとか欲しいけど流行にのっかっていると思われたくないので欲しいことを秘密にしています。「カープ女子」と呼ばれるのは本望ではないのでカープファンであることを極力口に出さないようにしています。カープファン歴についてはキャリア40年のおっさんですからね(汗)。

 

話は写真に戻りますが、お気に入りの作品たちをご覧ください。

 

IMAG1275 IMAG0670

紅葉と落ち葉のじゅうたん。                                      池だったか湖だったか?水面に森と空が映り込んできれいですが電線がじゃま。

 

 

IMAG2187 IMAG1186

太陽の光がすけすけになっているチューリップ。                             コスモスと青い空、美しい!

 

 

IMAG1055 IMAG1805

地元の秋祭りにて、タイの姿造り!ドーンと60cm!ドタバタしていて、ひと切れもいただくことができませんでした(泣)。                                             そして呉の老舗「モリス」の中華そば。子どものころからお世話になっています。

 

というわけで、にぎやかしい回になりました。そろそろスマホの寿命が近づいてきたみたいなので、カメラ機能にこだわって買い換えたいと思っている今日この頃です。

 

 

最後の一枚。6歳の姪っ子が撮ってくれたものです。

IMAG2245_2

・・・思いっきり「カープ女子」じゃないですか!(笑)

  • いいね (24)

 

《社員ブログ》「苦手克服」2016.5①

ラピカ/施設サービスの藤岡です。

みなさんは苦手な事をする時、どんな工夫をされますか? 私の苦手は料理です。 別に出来ないわけではありませんが、イラッ!!とするほど嫌いなんです。 もし宝くじで大当たりしたなら、 別に何も買わなくていい、死ぬまで賄い婦を雇いたいと思っています。 そんな私が毎日お弁当を作るハメになりまして。。。 試行錯誤の末、暗示作戦に出ることにしました。 「料理じゃないよ!と自分に思い込ませる」です。 そして出来上がったサンドイッチ達です。というか、作品です。

 

Jpeg

 

 

Jpeg

 

 

Jpeg

 

 

Jpeg

 

 

Jpeg

 

 

 

お気付きでしょうか。一応、顔ですよ。非常にシュールな仕上がりです。 中身は肉や卵やウインナーやサバです。まあ、普通においしいです。 最近は徐々に情熱を失ってきつつあります。 気が向いたらまたトライしようと思います。

  • いいね (15)