月別アーカイブ: 2018年7月

《ありがとうがいっぱい》「他人事ではなく、自分事として」2018.7月号

この度の大雨により直接被害にあわれた社員の方はおられなかったようですが、ご近所やご親族の方々に被害を受けられた方、交通網が断たれた事や水道、電気等など生活に大きな影響を受けておられる方がたくさんいるようです。謹んでお見舞い申し上げます。

私も多くの事を勉強させられました。まず災害マニュアルはございますが、徹底できていなかったことが一番大きな反省点です。ニュースでは多くの死者、行方不明者が出ていると聞き、まず一番に社員の皆さんの安否がとても気になりました。今回命にかかわる被害を受けられた方はいませんでしたが、通勤が困難になる方が多かったようです。それでも責任感の強い方が多く、何とか現場へ入る工夫をしてくださった方にとても感謝いたします。何時間もかけて現場へ行ってくださった方、また現場近くのご親戚宅から通って頂いた方、機転を利かして対応していただいた方が多くいらしたこと、本当にありがたいと思います。特に本社担当者は顧客被害状況確認もしてもらい、『報・連・相』を徹底していただいたところについては本当に助かりました。

 

今後も特別警報の発令や想像をはるかに超える台風の到来も考えられます。最寄りの自治体の指示を優先して、『人命第一』で行動をお願いいたします。会社といたしましてもこれからは災害マニュアルに沿って、各現場の責任者の方による安否確認並びにお客様の状況、建物の被害確認を行い、本社担当者へ電話と書面による報告を徹底していきたいと思います。また責任者のいない現場については各自、本社担当者への報告をお願いします。

とにかくこの度の教訓は、災害は人事ではなく、自分事として考えることと、大丈夫と過信をしないことです。そして日ごろから自宅や勤務場所での災害対策を話し合っておく必要性を強く感じました。まだまだ不自由な生活ですが、更なる被害が出ないでほしいと願っております。

また猛暑による熱中症にも十分気をつけて勤務についてください。