月別アーカイブ: 2015年10月

《ありがとうがいっぱい》「社員の皆さんありがとう」2015.10月号

momiji雲一つない真っ青な秋の空、いつまでもこの季節が続いてほしいと思います。今月も事故もなく、無事お仕事していただきありがとうございます。

さ て、今月の社内報からタイトルを一層することにしました。『3つのありがとう』を目指す経営が、この度の受賞(ベストインスペクター賞・大賞)につながっ たと確信が持てたこともあり、皆さんに会社の目指すべき方向性をもっともっと共有したいと考えたからです。『管財タイムス』とは数十年前からあった社内報 のタイトルでしたが、今、私が毎月書いているのは、皆さんへの感謝のメッセージなので、そのままのタイトルにしました。記念すべき第1号です!

会社のホームページも若い社員たちがリニューアルのために一生懸命検討を重ねてくれているところです。年内にはご報告できるかと思いますので楽しみに待っていてくださいね。

と ころで、先日ある講演会を聴きに行きました。その中で特に感銘を受けたのが、問題を恐れない経営をするということ。問題は人、会社、社会をよくするために 出てきて、あらゆることを成長させてくれる。感性が豊かだからこそ問題を感じる力がある。そして問題が出てくることを嫌がっていると、経営や人生から逃げ ていることになるのだそうです。また人に喜んでもらえる仕事をしていると仕事を通じて成長させてもらえる。人を育てるのには長所を伸ばすこと。そうするこ とで短所は個性、角熟に変わっていくそうです。また、別の所で聴いた話ですが、よい言葉を使うように心がけることでその人の人生もよい方向に行くのだそう です。いわゆる『言霊』です。会社の目指す『ありがとうがいっぱい』を言葉にしていただくことで広島管財の社員の皆さんは、どんな苦労があってもそれが成 長につながり、幸せにつながっていくと私は信じています。 『理念で飯は食えん』という方がおられるかもしれませんが、この度の受賞で理念を貫き通したことで信頼度が確実に上がったと感じています。これからの営業 にも生かしていきたいと考えています。3つのありがとう『お客様にありがとう』『共に働く仲間にありがとう』『自分と家族と地域にありがとう』を皆さんと 共に目指して、ありがとうがいっぱいの会社にしていきましょう。

「管財タイムス9月号より」

この度北海道で行われた、ビルメンヒューマンフェア2015・第5回ベストインスペクター賞で、ビルメンテナンス部の白須マネージャーが見事大賞(金賞)を受賞しました。
 発表テーマを『日常清掃方法の確立と清掃研修の充実』として、当社で取り組んでいる衛生管理清掃の取り組み紹介と、それを達成するために重要な清掃研修 について内容を充実させることで清掃員の質の向上と会社理念の浸透を目指していこうとする内容でプレゼンを行いました。書類審査と現地審査により最終審査 に残った6社のうち5社はすべて大手のビルメン会社で、なお且つ地元北海道の企業でした。審査員の中には学識者の他、北海道知事や札幌市長などもおられ、 とても弊社にとって有利になるとは思えませんでしたが、満場一致で広島管財に大賞が決まったそうです。講評の中で、『経営トップが言い続けている理念であ る「ありがとう経営」や「衛生管理」が現場にまで浸透しているのは中小企業だからこそできることである』とのお言葉をいただくことが出来ました。これも社 員の皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。これからがスタートです。『お客様にありがとう』『仲間にありがとう』『自分と家族と地域にありが とう』を実践していきましょう。

c1001

《白須マネージャーより》
今回は当社で実施している「清掃従事者研修」について発表し、評価を得ることが出来ました。これも現場の皆さんがいつも研修に協力的なおかげと感じています。今後も現場の皆さんと共に一致協力してお客様満足のために良い会社を目指していきましょう。