広島管財ブログ

《社員ブログ》「みなさんに感謝・感謝」2016.4⑦

 4月14日の最大震度7の大地震が我が故郷の熊本県地方を襲った。

その後も、熊本県を中心に相次いでいる地震で建物の崩壊が相続いている。

 14日の深夜、テレビで 「熊本県を中心とした震度7の地震が発生、これによる津波の心配はありません」 の放送を聞き頭の中が真白くなった。

 早速、実家の姉(84歳)に電話を・・・NTT電話も携帯電話も通じない。どうしよう。 気だけは焦るがどうしょうもない。地震の情報はテレビだけが頼りとなった。

 15日の朝5時に漸く電話が通じた。

私の第一声が「お姉さん大丈夫。家族は大丈夫。被害はどう?」

姉の一言「ありがとう。物は散乱しているが誰もケガなく大丈夫。心配かけたね」

ようやく私も安心した。

 テレビでは、被害の大きさが次々と映し出され、史跡名所の熊本城、阿蘇神社を始め、高速道路、民家の多くが崩壊している。また、多くの方々が避難場所へ・・・何と東日本地震の再来である。

 1月前に実家の姉を連れて八代市の日奈久温泉に行った。 楽しかった温泉旅行で「また、元気なうちに行こうね」と約束したばかりで、最後の旅行にならなくてよかった?

 地震発生から10日が過ぎた。まだまだ震度3程度の地震が続いている。 毎朝、「神様、仏様、一日も早く地震を沈めてください。お願いいたします」と仏壇に手を合わせている。これは被災地の方々だけでなく多くの国民の願いでもある。

 この度の地震に対し、多くの方々からの温かい「熊本地震義援金」、わが社の従業員の方々も義援金を出してくださいました。本当にありがとうございます。

 感謝、感謝です。

  圓 栄昭 (顧問) 

  • いいね (19)