月別アーカイブ: 2016年4月

《社員ブログ》「宇土櫓(うとやぐら)の秘密」2016.4⑧

はじめまして。新入社員の向田(ムカイダ)と申します。

様々な現場に行き、やり方を学び、日々、コツコツと学ぶ日々を過ごしております。

学んだことを生かし、発展的に活用できるよう日々精進して参りたいです。

 話は変わりますが、熊本地方の震災についてのニュース、情報がテレビやインターネットで毎日流れています。その地震で熊本城のことがたびたび出てきます。わたしは、大学時代に城郭を研究していたゆえ、熊本城のことはとても気になります。建物、石垣がぐちゃぐちゃになっている様子はとても胸が痛みます。しかし、崩壊している建物の中で創建当時から現状を保っている建物があります。その建物は宇土櫓という建物です。宇土城という城の天守閣を熊本城創建時に移築してきたと所以を持っています。この宇土櫓は、江戸時代に起きた熊本大地震(江戸時代中期)、西南戦争、熊本大空襲を耐えた経歴を持っています。なぜ、宇土櫓は様々な物理的困難に耐えることが出来るのでしょうか?建築技法が優れているから。確かに優れた建築技法は大切です。しかし、宇土櫓は優れた建築技法だけではなく、定期的に櫓の修理、修繕などの建物の維持管理をおこなっていました。それらの内容は4月26日現在では公開していませんが、宇土櫓の内部で知ることが出来ます。私が熊本城に行った時は、江戸、明治、大正、昭和、平成の修理・修繕のことを学ぶことが出来ました。そのときは、「結構、修理、補強しているのかと」と思いました。しかし、この維持管理が物理的困難に耐える理由だと思います。

建物の維持管理の重要性を理解するとともに、ビルメンテナンスに関するたくさんのことを勉強して一人前の職業人になりたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

熊本城

  • いいね (16)

《社員ブログ》「みなさんに感謝・感謝」2016.4⑦

 4月14日の最大震度7の大地震が我が故郷の熊本県地方を襲った。

その後も、熊本県を中心に相次いでいる地震で建物の崩壊が相続いている。

 14日の深夜、テレビで 「熊本県を中心とした震度7の地震が発生、これによる津波の心配はありません」 の放送を聞き頭の中が真白くなった。

 早速、実家の姉(84歳)に電話を・・・NTT電話も携帯電話も通じない。どうしよう。 気だけは焦るがどうしょうもない。地震の情報はテレビだけが頼りとなった。

 15日の朝5時に漸く電話が通じた。

私の第一声が「お姉さん大丈夫。家族は大丈夫。被害はどう?」

姉の一言「ありがとう。物は散乱しているが誰もケガなく大丈夫。心配かけたね」

ようやく私も安心した。

 テレビでは、被害の大きさが次々と映し出され、史跡名所の熊本城、阿蘇神社を始め、高速道路、民家の多くが崩壊している。また、多くの方々が避難場所へ・・・何と東日本地震の再来である。

 1月前に実家の姉を連れて八代市の日奈久温泉に行った。 楽しかった温泉旅行で「また、元気なうちに行こうね」と約束したばかりで、最後の旅行にならなくてよかった?

 地震発生から10日が過ぎた。まだまだ震度3程度の地震が続いている。 毎朝、「神様、仏様、一日も早く地震を沈めてください。お願いいたします」と仏壇に手を合わせている。これは被災地の方々だけでなく多くの国民の願いでもある。

 この度の地震に対し、多くの方々からの温かい「熊本地震義援金」、わが社の従業員の方々も義援金を出してくださいました。本当にありがとうございます。

 感謝、感謝です。

  圓 栄昭 (顧問) 

  • いいね (19)

《社員ブログ》「癒しの動物」2016.4⑥

初めまして、新入社員の髙松(タカマツ)です。

入社したばかりでわからない事も多いですが、

積極性を忘れず日々成長していこうと思います。

 

自己紹介がてら、好きな動物の話を。

 皆様は動物はお好きですか?

猫や犬、ハムスターやカナリアなど、世界にはかわいらしい動物がたくさんいます。

 そんな数ある動物たちの中でも私が特に好きなのはハリネズミです。

_MG_3108E382B7E3838AE383A2E383B33

背中に無数の針があるので、慣れないうちは軍手が無いと触れる事もかないませんが、

なついてくれると背中の針を寝かせて撫でさせてくれます。

顔つきも可愛らしく、愛らしい生き物です。

無題

 

ハリネズミモチーフの小物があるとつい手にとってしまいます。

 

大好きなハリネズミに癒されつつ、ここ広島管財で精一杯頑張っていけたらと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

  • いいね (19)

《社員ブログ》「花見 桜は最高!」2016.4⑤

セキュリティ部の萬田です。
4月は新入社、新入学など新たなスタートの時期です。
そして桜が新しいスタートを応援していると思います。
4月2日、翌日が雨の予報でしたので「この日しかない!」と思い立ち、妻と二人で花見に出かけました。
午後1時過ぎ、弁当を持って毎年恒例のいつもの場所です。
いつもの場所とは広島市内が一望できる西区の「三輪明神」です。
IMG_20160402_150102
ご覧のとおり、桜はほぼ満開で大変美しいものでした。
特に市内に向けて流れるように咲き乱れているので、桜を見ながら市内が一望できるは最高です。
桜の咲いている期間は短いので、毎年大きな楽しみのひとつとなっております。
来年も元気で花見に行きたいと思います。
ゴールデンウィークには近場で花を求めてドライブを考えています。

  • いいね (21)

《社員ブログ》「春~子離れの第一歩~」2016.4④

総務部の福本です。

4月に入り、新しい環境で生活されていらっしゃる方も多いと思います。

私事ですが、我が家の長男も今月から県外の大学に進学し、一人暮らしを始めました。

ですが、その準備はかなり忙しなく、ハードなものでした。
県外に出る事はわかっていたものの、肝心の進学先がなかなか決まらず…最終的に進路が決定してから、入学式までの期間が2週間弱!

決定の翌日には現地に行って(幸いにも日帰りできるところ)住まいを決め、必要な書類を揃えて入学手続きをし、家電を買って配送を依頼し、その他の引越準備も進めて…と怒涛の日々。
そんな中でも、本人は至ってマイペース。荷造りや片付けは後回しにしても、友達との送別会兼食事会には嬉しそうに出掛けて行くのでした。

時間に追われながらも、何とか引越を終え、入学式は家族で出席しました。
式自体は普通でしたが、最後に学ラン姿の応援団とチアガールが舞台に登場。新入生に力強いエールを送って下さり、とても感動しました。
そして、会場の外にはサークル勧誘のチラシを持った先輩方が大挙して待ち構え、出てきた新入生に我先にと配る姿が!テレビで見たことのある光景が目の前で繰り広げられ、これにも少し感動…本当に凄い人でした。
あまりの人の多さに、記念撮影どころの話ではなく早くこの場を離れなくては…と必死だったのですが。

こうして、息子の新生活が始まりました。
今はスマホもパソコンもある時代、すぐに連絡出来ると思うのですが、向こうからは用事がある時だけ連絡してきます。こちらからメールをしても「わかりました。」とか「やりました。」とか一行の返信しかきません!

食事はちゃんととっているのか?洗濯など身の回りの事は出来ているのか?何より、朝はちゃんと起きて遅刻せずに行っているのか?(←こちらにいる時は8割方親に起こされる日々)

気になって聞きたい事は山ほどあるのですが、彼ももう大学生。こちらから干渉し過ぎてはいけない!子離れしなくては!と、自分自身に言い聞かせながら、私も連絡は必要な用件だけにするようにしています。

と言いつつ、先日連絡したついでに、一人暮らしに少しは慣れたか質問してみたところ、「なかなか難しいです。」という答えが返ってきました。
???具体的に何が?どう難しいのか?
これも非常に気になるのですが、これ以上の返信がありませんでした…

詳しくは、今度彼が帰省した時にでも聞いてみようと思います。

そして、私も気持ちを新たに、公私共に頑張ります!皆様、どうぞよろしくお願いします。

1460613221337

  • いいね (19)

《社員ブログ》「仕事は計画的に」2016.4③

初めまして、新入社員の木上(キガミ)です。

まだまだ新米ですが、一日でも早く会社の役に立てるように頑張ります!

先週は新人研修を受けさせて頂きましたが、自分の未熟さを痛感させられました。

学ぶべきこと、経験すべきことは山積みだなぁと思いました。

と同時に、知識欲がうずうずしています。

話は変わりますが僕は自転車で通勤しています。自宅から会社まで約12kmなので、通勤時間は約45分かかります。正気の沙汰ではないと誰かに言われました(笑)

これが僕の愛車です。

1460605282578

もうすぐ購入から2年たちます。

僕の学生時代には、休日に市内から錦帯橋やしまなみ海道まで行ったりと、随分頑張ってくれました。

まだまだ現役で頑張ってほしいですが、大分ぼろぼろです。

新しい自転車を購入したらまた報告したいと思います。

錦帯橋に行った時は錦帯橋が工事中でまた行こうと思い、しまなみ海道に行った時には体力が尽きて4つめの島(しまなみ海道はたくさんの島が連なっています)で挫折しまた行こうと思いました。

計画不足ですが、それがまた楽しいです。これからも休日には自転車で遠出したいなと考えています。

自然が大好きで山登りなんかもします。地図で適当な山を決め、自転車で行きます。

僕は無計画が好きなんです。道を間違え帰り、時間配分を間違え帰り…悪戦苦闘の末、目的地についた時の感動はひとしおです。むしろ失敗や道草を楽しんでいます(笑)

ですがもちろん社会人として仕事をしていく上では、きちんとしなくてはと強く思っています!遊びに行くときはひとりなので間違えたことを楽しんでも問題ないです。ですが仕事ではそうはいきません。僕はこれまでたくさんの失敗を経験し、どんな時に道を間違えるのかを少しはわかってきたと思っています。なので、これから仕事をしていく上では休日の失敗を糧に、きちんと計画的に、道に迷わないよう着実に仕事をしていきたいと思います。

今週から現場研修です。

たくさんの現場を周り、「清掃のプロ」になれるよう頑張っていきます!

  • いいね (25)

《社員ブログ》「リラックスも美肌も、アロマで」2016.4②

ラピカ営業の 水(ミズ)です。

4月です。
バス停には新しい制服やスーツをきて緊張されたようすの方がおられます。
先輩方に緊張するなと言われても、それは無理というもの。知らず知らず肩はカチコチ、目はかすみ、言葉はうわずり何処からどー見ても「只今緊張しています!」オーラを放っています。自由にコーヒーを飲んでもいいのよ、といわてれもコーヒーを飲む手が震えていたり…

そんな時こっそりリラックスを味わう私の方法「アロマ」について書いてみたいと思います。
「アロマ」といえばどなたでもご存知の「いい香り」といわれるアレです。
正確にはアロマテラピーといい芳香療法と訳しますが、これは造語です。アロマは「芳香」テラピーが「療法」です。
植物から得た100%天然のエッセンス、これを「精油」といいます。この精油を使用することで心理的なストレスから来る症状を和らげる、これがアロマテラピーです。

写真1

精油にはラベンダー精油、オレンジ精油、カモミール精油など様々。作用はともかくまずは好きな香りを楽しむのが効果的なようです。
私はこの精油を使った手作りリップクリーム、ハンドクリームを仕事の合間に使ってプチリラックスします。ローズマリー精油を使ったハンドクリームであれば、首筋に塗って肩の筋肉疲労を改善することもできます。精油を使用していれば市販品でも効果がありますし、お店でアドバイスを受けることも出来るようです。

一応リラックスが目的ではありますが、女性として、あ、私は女性です。二次的な作用も見逃せないのが「アロマテラピー」です。
例えば、2013年カモミール・ローマン精油にはコラーゲンの産生を促進させる作用があることがわかり、ある協会が特許取得に動いたとか。なんでも精油の量を増やすほど、肌のハリや弾力を司るコラーゲンの産生量が増えることが報告されたそうです。カモミール・ローマン精油は大変高価な精油ですが、甘いリンゴのような香りでお子さんにも受け入れやすく安心して使えるので人気があります。生花を積んでフレッシュのハーブティとしていただくことも出来ます。

写真2

趣味で始めたアロマテラピーですが奥が深く、また一緒に楽しめる仲間も多く、現代のストレス社会を生き抜くひとつのツールかなと考えています。
今回初めて記事を担当になりましたので、ここは得意分野で乗り切ろうという、魂胆です。これからもよろしくお願いいたします。

  • いいね (24)

《社員ブログ》「カープスよ!永遠に!」2016.4①

こんにちは。 ビルメンテナンス部 山田 です。

 

いやぁ、プロ野球開幕しましたね~。

われらが「広島カープス」は今年こそ優勝を!と願うばかりの毎日でありまして…。

 

………ちょっと待て。 “カ―プス”ってなんだよ!と言う突っ込みを待っております(笑)

 

カープス

↑ ほらねカープス(笑)

 

 

冗談はさておき、「広島カープス」とは広島東洋カープが球団創設時に使われていた名称だそうで、ホークス(Howks)やジャイアンツ(Giants)と同様に「鯉」カープ(Carp)の複数形でカープス(Carps)と呼ばれていたそうです。

ところが、Carpと言うのは単複同形であり、Carpsというのはおかしいとの指摘があり「広島カープ(Carp)」と言う呼び名となった!と一般的には言われています。

 

ただ、この話は諸説あるようで、実際のところ何が正解なのかは今だよくわからないようですけど。

私は小学生の頃にこの話を父親から聞き、いろいろ友人達に面白可笑しく話した記憶がありますが、実際のところ、なんで「広島カープス」ではダメだったのか?とも思っており、カープスがカープになった正確な理由をいまだに考えているのであります。

実は先日、(HPにも掲載させていただきましたが)ちゅぴCOM様の取材がありまして、川島宏治さんが来社された時には、機会があれば伺ってみようとも思っていたくらいでした(残念ながら実現しませんでしたが…)

 

そもそも、チーム名(球団名)と言うものに単語の文法を正しく当てはめる必要性はないでしょうし、例をあげればMLBのフロリダ・マーリンズ(Marlins)はマーリン(Marlin:カジキ)ですから思いっきり単複同形です。

その逆でNBAのマイアミ・ヒート(Heat)などは複数形のsは付いていません。

更にはJリーグのサンフレッチェ(Sanfrecce) 広島なんて造語もいいところですね(笑)

 

今さら、「カープをカープスに変更するべきだ!」なんて愚かな事は考えませんが、「広島東洋カープ」が「広島カープス」と呼ばれた時期があった事実と「カープス」が「カープ」に変更された理由くらいは認識しながら応援したいものでありますね。

 

 

ところで、先日、父親の一周忌で実家の愛媛に帰っておりました。

先程、カープスの事を父親から聞いたと言いましたが、当然、私の二人の兄や母親もこの話は聞いています。

この話を聞いて以降、どういう訳だか我が家ではカープの事をカープスと呼ぶようになっていました。

もちろん、対外的(友人等と話す際)にはカープと言う呼び名で話しますが、家に帰って兄や両親と会話をするときにはカープスという言い方で話すのです(笑)

たいした理由などありませんが、(最初は面白がって使っていただけなのかも?)山田家の中だけの日常会話としてカープスが当たり前になっていた事を思い出されます。

 

やがて、兄弟達は実家を放れ、一人暮らしを始めても、帰省してくれば「カープスは…」と言う会話が始まり、たまに電話で話をしても「カープスはどうよ?」となる。

幾年、年月が過ぎようとも山田家から「カープス」の話題が無くなることはありませんでした。

昨年、父親が亡くなりバタバタとした1年でしたが、兄達と野球の話になると「おい、カープスはどうなった?」「また、中﨑で逆転されとるで!」と言うような会話がいまだに繰り返されます。

先日の一周忌の時には久しぶりにまた兄弟が揃い「今年のカープスはどうや?」「また、中継ぎを補強せんかったけぇ、ダメじゃろ!」と…。

 

男ばかりの兄弟ですので、会っても冷めた感じの会話しかしないものなのですが、いつしか「カープス」という言葉が山田家の兄弟の絆を繋ぐ架け橋のようなものになっていたのかもしれないと思う今日この頃なのであります。

 

しかし、そんな事を考えていると、カープだろうがカープスだろうが、変わった理由がなんであろうがマーリンズがどうであろうがどうでもよくなって来ましたね(笑)

 

「広島東洋カープ」は「広島カープス」と言う名前であった時代があり、その事実は永遠に変わることはない。

 

その事実こそが山田家にとっては一番大切な物なのかもしれません。

  • いいね (23)