月別アーカイブ: 2016年3月

《社員ブログ》「学ぶことの大切さ」2016.3⑤

ビルメンテナンス部の寺本です。

 先日、会社の仲間とともに『株式会社Gサポート』の研修を受講してきました。内容は『 部下・後輩の指導育成スキルアップ研修』というもの。

 私、過去のブログで書いていますが、去年『営業スキルアップ5か月研修』を受けているので、今回の研修3時間がとても短く、ディスカッションの時間ももっと欲しいなと思ってしまいました。とはいえ、研修内容はとても充実しており、すごく勉強になりました。

 ここで裏話を。

 この研修に行くのが決まった際、上司が「一緒に行く○○さんに申し込みなど任せているから」と。私も安心して当日、研修会場の受付に行くと「申し込みがありませんが…、大丈夫です受講して下さい」。私と山田さん(社員ブログでおなじみ)は○○さんに向かって

「「申し込んでないの!?」」

 無事受講できたので良かったですが、もしこれが県外の研修で受講できなかったら…

 先輩である、私がちゃんと確認しておくべきでした。まだ研修を受けてないにもかかわらず、受付で『後輩へのフォローの大切さ』を学びました(笑)

 さて、研修の細かい内容は割愛いたしますが、良いと思ったものをいくつか紹介します。

① 日頃から報告しやすい雰囲気を作る。相手の話を積極的に聴こうとする態度を示す

 そうですね、何か報告・連絡・相談をしようと思っても、話しにくい雰囲気だと声を掛けづらいですね。これは表情も大切で、『3分咲きの微笑み』を意識してください。

② うまくできなくて、頑張っていた事が出来るようになったら必ず褒める

 褒められて嫌な気持ちになる人はいませんよね。自分で努力して出来るようになった時の達成感、そこで褒められると『もっと頑張ろう、色んなことにチャレンジしよう』、きっとそう思うでしょう。

③ 報告を受けたら、報告の内容を問わず相手の労をねぎらうことを忘れない

 悪い報告をされても、すぐに注意や叱るのではなく、「お疲れさま、ありがとう」と声をかけてあげて、その後に「なぜこうなったの?」と聴いてあげることで、相手も話しやすくなります。

 4月1日から、広島管財にも3名の新卒者が入社してきます。 彼らが、「広島管財に入って本当に良かった」と思ってもらえるよう、働きやすい環境をつくり、『仕事の楽しさ』を教えてあげようと思います。

 ところで私、社内研修を担当しておりまして、昨日今日の2日間は講師として喋りっぱなしで喉が痛いです。

 昨夜と今朝は、『養命酒』と『葛根湯』を飲んで免疫力を高めて来ました^^#

 私自身、色々な研修に行って学んだことを、社内研修に落とし込んでいます。

 今回の内容は『顧客満足度を高めよう』というテーマだったのですが、清掃スタッフさん達が、明日から何か一つでも学んで実践して頂ける事を期待しています。

28年1月26日 (10)

 社内研修には必ず川妻社長が出て話をされます。これは、会社のトップが現場の方々へ直接理念や方針を伝えるためです。

28年2月26日 (2)

  • いいね (25)

《社員ブログ》「休日の過ごしかた」2016.3月④

ご無沙汰しております。総務部の高木です。

今回は恥ずかしながら私の休日を紹介します。この日の予定はぼーっとすること!ここ最近は休日になると出かけていたので、久しぶりの引きこもりの巻です。

4:50起床。休みの日も早く目が覚めてしまう歳になりました。とりあえずスマホをいじりながらベッドでごろごろ。

6:00洗濯を始める。今日は風が強いみたいですが雨は降らないようなのでシーツからなんから3回転です。

7:00朝食。トーストが焦げました。(汗)

IMAG1948

 

9:00シンプルライフを目指して片付けを始める。文庫本や漫画など合計100冊。買い取りしてもらうと...、なんと100冊で457円...(涙)。まあ、儲けようと思ってなかったから良しとします。

IMAG1874

 

11:00カレーを作る。冷蔵庫の整理もかねてなんやらかんやら具だくさん。

13:00昼食。休日なのでビールとともに。昼間のビールは格別ですな。(笑)

IMAG1953

あとはカープ中継を見ながらのんべんだらりんと、ゆったり過ごすことができました。

その後、常備菜を作ったりアイロン掛けしたり、あっという間の一日でした。

カープも勝ったし、たまにはこんな休日を過ごすのもいいものです。また月曜日からガンバロー!

  • いいね (28)

《社員ブログ》「ありがたや、ありがたや」2016.3月③

総務部の平井です。

広島管財では、自他共に認める日本酒番長なワタクシ(笑)。美味しいものと美味しいお酒を楽しむことが趣味のひとつ…なのですが、先日入院して4日間絶食するという経験をしました。
(決してお酒が理由ではありませんよ…念のため☆)

内1日は水もダメ。とはいえ最初の2日間は具合が悪すぎて、何の文句もありませんでしたが、3日目くらいになりますと「いつごはんが食べられるんだろう…」。考えることはそればかり。
まぁ食欲があるということは順調に回復していたということだと思うのですが、4日目の朝の検査の結果で、食事がどうなるかが決まる、とのことで、それを待つ間はかなりイライラしてました。幸いOKが出て、少しずつ食事して良いことになりましたが、そうでなかったら点滴棒振り回して大暴れしていたかもしれません。

そんなこんなで出てきたありがたい食事がこれです。

DSC_0079

・三分粥
・野菜のスープ
・里芋の煮物
・鯛のお吸い物

…煮物とスープは裏ごししてありますので見た目は悲しいですが、どれもとてもおいしかったです。
鯛のお吸い物にはそぼろ状にした鯛の身がたっぶり入っていました。
この日は3月3日で、通常の食事はお寿司と鯛のお吸い物等、ひなまつりらしいメニューだったのです。
トレイの上に、桜の模様の紙を敷いてありますね。病院の心遣いも嬉しく、健康であること、普通に食事のできることのありがたさを感じたものです。

また、入院中私の仕事を分担してくれた総務部のメンバーをはじめ、ご心配、ご迷惑をかけたみなさまにも感謝です。怪我や病気など、ならない方が良いに決まってますが、体験してしまった以上は、今後にプラスになることを探しておこうと思います。

さて、今日から仕事に復帰しました。ぼちぼちエンジンかけていきますよ~。

  • いいね (20)

《社員ブログ》「姉への恩返し」2016.3②

 2月28日(小生の誕生日)、10年ぶりに故郷の熊本に帰省するため早朝からハンドルを握る。

 小生は、熊本県八代郡の寺(圓覚寺)の長男として生まれ、本来なら僧侶として生活をしているはずが、なぜか国鉄に就職し、サラリーマンとして人生を終えようとしている。

小生が3歳のとき母は病のため他界し、その後、12歳年上の姉(長女)が母親代わりとして今日まで面倒を見てくれた。

今回の帰省は、故郷で一人暮らしをしている姉への恩返しを兼ねての温泉旅行である。

 日奈久温泉(熊本県八代市日奈久)は、種田山頭火が愛してやまなかった、今もなお昔の温泉情緒が漂い、江戸時代には、細川家の潘営温泉に指定され、八代城主や参勤途上の島津公もよく利用していたそうである。

 早めに宿に入り、お茶を飲みながら昔話に花が咲いた。その後、小生が「さあ、三人で温泉に入ろう」と声を掛けると、姉がビックリして「え・・・、三人で一緒に入るの?」。(事前に家族風呂を予約していた)

姉の背中を流しながら、母はどんな人だったのかな・・・涙が出て止まらず温泉水と。

 3日間の楽しい涙の温泉での姉孝行も別れの時がやってきた。また、いつ会えるかわからないが姉の健康を祈りながら実家に姉を残し故郷を後にハンドルを握った。

 最後に、山頭火(行乞記)から

「温泉はよい、ほうとうによい。ここは山もよし、海もよし。できる事なら滞在したいのだが、いや、一生働きたくないのだが・・・」

圓 栄昭 (顧問)

onsenn

  • いいね (19)

《社員ブログ》「先輩に感謝」2016.3①

ラピカ/施設サービスの藤岡です。

今日は趣味のお話をします。市民オーケストラのお話です。

あれは高校1年の春でした。「ちょっとクラブの見学行かん?」と友達に連れられて、その気もないのに断りきれず、音楽部に入部しました。

その友達は1週間で辞めてしまいました。よくあるパターンです。私の高校にはオーケストラがありまして、3年間バイオリンをやりました。

yjimage

府中市の音楽同好会の方と、音楽部の卒業生が中心になって、市民オーケストラを立ち上げ、高1の春休みに第1回定期演奏会がありました。あこがれの先輩方の演奏を客席で聴いた感動は今でもよみがえります。

卒業後、もうこりごりだ!嫌い!絶対やめる!と思っていたのに、うっかり入団してしまいました。下手なのに。でも下手なりに和気あいあいで楽しいんですよね。

 年1回の定期演奏会は、今年も続いています。29回目になります。今年の演奏会をみなさんにご案内できたらよかったのですが、残念ながら、先週終わってしまいました。備後府中なので遠いですし。。。

私が施設サービスでお仕事させていただいている,音楽大学の学生さんも数名出演されていて、何故だか自分でもわかりませんが、うれしく思いました。

よかったらチラシだけでも見てやってください。

harumachi2016

川妻社長が「井戸を掘った人を大事にしないといけない」という話をされますが、演奏会の度に、出演者・裏方・観客を見渡しながら、これを始める大変さはどれほどだったかと思いをめぐらせます。すごい情熱ですねえ。おかげさまで私達は、楽しく”のほほ~ん”と演奏させていただいております。

先輩方に感謝して、「ずっと続けていこう!」と強く思います。

本当にマニアックな話でごめんなさい。興味ある方は声をかけて下さればうれしいです。

鬼が笑うけど、来年でよければ演奏会をお知らせします。

  • いいね (12)