アーカイブ

《ありがとうがいっぱい》『生産性の向上』2017.1月号

皆様、明けましておめでとうございます。本年も健康で仕事に励んで頂ければと思います。

さて、年が明けてアメリカではトランプ大統領が誕生し一言一言発すたびに世界中が恐怖におののき、日本の経済への影響を示唆しなければならなくなりました。私たちの生活にも無関係とは言い切れません。国内に目を向けてみますと政府の「働き改革」などを通じて、大きな課題の一つである生産性の向上を目指す動きも出てきています。

 

ところで、先般開かれましたビルメンテナンス協会の互礼会の協会長挨拶にもありましたが、人手不足による対策として外国人労働者や障がい者雇用に加えて、AIを導入したお掃除ロボットの研究の話が出ました。ここ数年『10数年後には多くの仕事がなくなる』という話を聞かれたこともあるかもしれません。確かに、昔あったお豆腐屋さんやお味噌屋さん、町の電気屋さんなど現在ではなかなか見ることがなくなり、それらはスーパーやコンビニ、または大手家電店に変わっています。家庭においてもほうきを使って掃除をするところは激減し掃除機は勿論の事、最近ではお掃除ロボットが勝手に掃除をしてくれて、自分で充電器に戻ることまでする時代が来ました。私たちの仕事が生き残るためにはどうすれば良いのでしょうか?おそらく人間にしかできない真心のこもった挨拶であり、笑顔であり、目配り、気配り、心配りなのかもしれません。時代の変化についていく改革も必要になってくるでしょう。今まで通りだけではやっていけない時代が来ています。相違工夫をしながら改善改革が求められてくるようになります。

 

本社の仕事の在り方も現場長の方や協力会社のご理解ご協力をいただきながら改善していく方向にあります。生産性の向上のためにも皆様と気持ちを一つにして取り組んでまいりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

最後にインフルエンザが流行しているようです。こまめに手洗いうがいをして体調管理に務めてください。

《ありがとうがいっぱい》『気持ちをひとつに』2016.12月号

今年も残すところあと僅かですね。振り返ってみますと、今年は本当に広島イヤーでした。G7外相会合が広島で開催、オバマ大統領の来広、米大統領としては初の被爆地訪問で大いにわきました。そしてなんといっても25年振りのカープ優勝、さらに今年のカープの勢いを象徴する『神ってる!』が流行語大賞に選ばれました。国内だけではなく、海外にも広島の名が広がった年でした。広島管財においてもいろいろあった年でした。中でも品質やお客様からの口コミによる受注が目立った年でもありました。また新聞ラジオなどマスコミに取り上げていただくことも何度となくあった年でした。これもひとえに広島管財で働く皆さんのお陰と感謝しております。

さて、年末の恒例行事として中国放送主催の『第九ひろしま』に毎年参加しています。10種類以上の楽器を複数名で奏でる楽団員、そしてソリスト、1800名近い合唱団員をまとめる指揮者のエネルギーはすごいものがあります。一人でも音を間違えたりテンポが違ったり、やる気がなければその曲は完成した事にはなりません。一つのものをつくり上げるために気持ちを一つにすることの大切さを感じるのです。客席からは指揮者の顔は見えませんが、実は心が通い会える指揮者とは顔の表情が素晴らしのです。特に素晴らしいハーモニーが奏でられた時や曲が合わさった時の指揮者の表情の素晴らしいこと。客席から見えないのが残念ですが、楽団員の表情がよい時は指揮者の表情もよい時なのです。指揮者と楽団員はまるで鏡なのです。

私はいつもこの光景を見ながら、さながら経営者と社員の関係に重なりあうものを感じています。指揮者が一点に集中して素晴らしい作品をつくりあげるように、経営者の示す方向に皆気持ちを一つにして向かう。そのやる気や空気はお客様にも伝わっているはずです。来年は社員一人ひとりが前向きに同じ方向を向いて進んでいきたいと思います。

皆さんにとりまして、来年が更に良い年でありますように心からお祈りしております。年末年始もお仕事に従事していただく皆さん本当にありがとうございます。

《ありがとうがいっぱい》「カープから学ぶこと」2016.10月号

今やどこに行ってもこの話題をしないわけにはいきません。そうです!神ってる今年の広島カープ!!!国内でも珍しい市民球団は今やワイドショーでも取り上げられるほどの盛り上がりですよね。このメッセージがみなさんの手元に届くころには日本一をつかんでくれていると信じています。さて先月は黒田投手のコメントについてふれましたが、今月は菊池選手と丸選手のインタビューを紹介します。

カープに復帰後の黒田投手、新井選手は雲の上の存在だったが、このふたりが自分たち若い選手たちと積極的に会話をしてくれた。伝えるべきことをしっかり伝えて、若手はその言葉をしっかり受け取る。チーム全体の気持ちを一つにすることが出来たからこそ優勝へとつながる結果になったとのこと。

そしてあの鈴木誠也は試合が終わってからもバットを振り続け、疲れ切っていたにも関わらず次へつなげるための人並ならぬ努力を重ねていたそうです。だからこそヒーローにもなれるのです。

話は変わりますが、新聞に大きな広告を見つけました。そこにはマンガで『自分の価値をどう高めるか』がわかりやすく表現されていました。有名になりたい、もっと稼ぎたいといった価値観ではなく、専門性を高めたい、優しくできる人になりたいという価値を高めることで、不思議と結果や成果が出てくるといったものです。

きっとカープの選手たちもチームメイトや応援してくれるファンと喜びを分かちあうといったような価値を持っていたのではないでしょうか?私は一球一球真剣勝負で挑んでいる姿から多くを学ばせてもらいました。

私たちに勇気と感動をありがとう!!!

《ありがとうがいっぱい》「広島東洋カープ優勝おめでとう!25年ぶりの感動をありがとう!」2016.9月号

9月10日、25年待ちに待ったカープ優勝!感動的でしたね。正直野球に詳しくない私でさえ、今年は連日の試合結果が気になりました。この日も移動中の車を止めて優勝の瞬間を見入りました。その後いろいろな記事が紙面を賑わせていましたが、なかでも黒田投手の記事に目が留まり感動しましたので、ご紹介します。


いろいろ悩みながらも、もう一年やると決めて、まさかこういう結末が待っているとは思っていなかった。41歳まで野球を続けてよかった。監督、チームメイト、そして応援頂いたファンの方には感謝の気持ちでいっぱいだ。復帰後1年目の昨季。結果は出なかったが、意識の高い選手が多いと感じていた。驚きだった。今季の独走は、そんな若い選手たちが心技体で力をつけ、チームを引っ張ってくれた成果だろう。自分以外の投手の試合を見ていると、純粋にカープは強いと感じる。一緒にプレーしていると、一体感を肌で感じる。具体的に言うと、その試合、その一瞬に全力を尽くす姿勢。それが若手から伝わってくる。それこそが、新井と僕の目指してきた野球だ。特に野手は、39歳の必死な姿勢に感化されたと思う。差し出がましいが、僕たちが同じ野球観を持っていたから、チームとしてまとまることが出来たのかもしれない。チームは基本同じ方向を向かなければならない。だが以前は残念ながら投手と野手には溝があった。空気を変えたかった。大事なのは助けあう気持ち。互いにリスペクトし言動や態度には注意を払う。投手、野手最年長の僕たちがタッグを組んでそれを実行してきた。今は溝がなくなったと感じる。今季オープン戦。二遊間を守る菊池と田中が頻繁にマウンドへ行く姿を見て「俺のときにも来てくれよ」と伝えた。「どんな状況でもいい。今だと思ったら来てくれ」と。そうすると、投手が醸し出す雰囲気や試合の流れなどを読み、チームの事を考えて動くようになる。彼らには自立してほしかった。以来、凄く声をかけてくれるようになった。感謝している。そういう些細なことがチーム力になると信じる。(後略)


私たちもたくさんのファン(お客様)を裏切らないためにも良いチーム(企業)をつくり上げていきたいと強く強く感じました。市民が一つになるカープから学び取りたいものです。

《ありがとうがいっぱい》「胸を張れるプロの技を目指していますか?」2016.8月号

今年の夏は猛暑というより酷暑でしたね。毎日の天気予報のあの濃い赤のお日様マークにうんざりする日々が続きました。また今年はリオオリンピックの開催やカープの快進撃も重なり、連日白熱した夜を過ごされた方も多かったのではないでしょうか?

先日テレビを見ていたら、車の傷やへこみを短時間でしかもお手軽な値段で直してくれる広島のあるお店を紹介していました。ちょうどバンパーをぶつけてへこんだ車を修理していましたが、長年乗っている車の塗装の色と合わせながら、何事もなかったかのように元通りにしていく様子を見て、『さすがプロの技だな~!』と感心いたしました。

さて、我々の仕事はどうでしょうか?お客様から『さすがプロの技だね』と言っていただけるよう日々成長と努力を惜しまず行っているでしょうか?

オリンピックの選手も同じです。何の努力もせずあの場に立つことはできません。私たちには想像もできないほどの涙ぐましい努力の結果、あの舞台に立ち、そして世界のトップと競いあう強いメンタルと技術を持ち合わせた者だけがメダルを取ることが出来るのだと思います。

人というのは慣れたことを好み、努力からはできることなら避けたい生きものですが、これではプロとは言い難いのです。ルーチンの仕事をこなしながらも立場に合わせた効率性や技術革新を考えながら仕事をすることがこれからの時代求められてきます。広島管財がお客様から信頼をいただくためにも、そして皆さんひとりひとりが自分の仕事に自信と誇りを持てる人財になるためにも、成長と努力でプロの技を身につけ、素晴らしいプロ集団を目指してまいりましょう。