月別アーカイブ: 2016年9月

《ありがとうがいっぱい》「広島東洋カープ優勝おめでとう!25年ぶりの感動をありがとう!」2016.9月号

9月10日、25年待ちに待ったカープ優勝!感動的でしたね。正直野球に詳しくない私でさえ、今年は連日の試合結果が気になりました。この日も移動中の車を止めて優勝の瞬間を見入りました。その後いろいろな記事が紙面を賑わせていましたが、なかでも黒田投手の記事に目が留まり感動しましたので、ご紹介します。


いろいろ悩みながらも、もう一年やると決めて、まさかこういう結末が待っているとは思っていなかった。41歳まで野球を続けてよかった。監督、チームメイト、そして応援頂いたファンの方には感謝の気持ちでいっぱいだ。復帰後1年目の昨季。結果は出なかったが、意識の高い選手が多いと感じていた。驚きだった。今季の独走は、そんな若い選手たちが心技体で力をつけ、チームを引っ張ってくれた成果だろう。自分以外の投手の試合を見ていると、純粋にカープは強いと感じる。一緒にプレーしていると、一体感を肌で感じる。具体的に言うと、その試合、その一瞬に全力を尽くす姿勢。それが若手から伝わってくる。それこそが、新井と僕の目指してきた野球だ。特に野手は、39歳の必死な姿勢に感化されたと思う。差し出がましいが、僕たちが同じ野球観を持っていたから、チームとしてまとまることが出来たのかもしれない。チームは基本同じ方向を向かなければならない。だが以前は残念ながら投手と野手には溝があった。空気を変えたかった。大事なのは助けあう気持ち。互いにリスペクトし言動や態度には注意を払う。投手、野手最年長の僕たちがタッグを組んでそれを実行してきた。今は溝がなくなったと感じる。今季オープン戦。二遊間を守る菊池と田中が頻繁にマウンドへ行く姿を見て「俺のときにも来てくれよ」と伝えた。「どんな状況でもいい。今だと思ったら来てくれ」と。そうすると、投手が醸し出す雰囲気や試合の流れなどを読み、チームの事を考えて動くようになる。彼らには自立してほしかった。以来、凄く声をかけてくれるようになった。感謝している。そういう些細なことがチーム力になると信じる。(後略)


私たちもたくさんのファン(お客様)を裏切らないためにも良いチーム(企業)をつくり上げていきたいと強く強く感じました。市民が一つになるカープから学び取りたいものです。

《ありがとうがいっぱい》「胸を張れるプロの技を目指していますか?」2016.8月号

今年の夏は猛暑というより酷暑でしたね。毎日の天気予報のあの濃い赤のお日様マークにうんざりする日々が続きました。また今年はリオオリンピックの開催やカープの快進撃も重なり、連日白熱した夜を過ごされた方も多かったのではないでしょうか?

先日テレビを見ていたら、車の傷やへこみを短時間でしかもお手軽な値段で直してくれる広島のあるお店を紹介していました。ちょうどバンパーをぶつけてへこんだ車を修理していましたが、長年乗っている車の塗装の色と合わせながら、何事もなかったかのように元通りにしていく様子を見て、『さすがプロの技だな~!』と感心いたしました。

さて、我々の仕事はどうでしょうか?お客様から『さすがプロの技だね』と言っていただけるよう日々成長と努力を惜しまず行っているでしょうか?

オリンピックの選手も同じです。何の努力もせずあの場に立つことはできません。私たちには想像もできないほどの涙ぐましい努力の結果、あの舞台に立ち、そして世界のトップと競いあう強いメンタルと技術を持ち合わせた者だけがメダルを取ることが出来るのだと思います。

人というのは慣れたことを好み、努力からはできることなら避けたい生きものですが、これではプロとは言い難いのです。ルーチンの仕事をこなしながらも立場に合わせた効率性や技術革新を考えながら仕事をすることがこれからの時代求められてきます。広島管財がお客様から信頼をいただくためにも、そして皆さんひとりひとりが自分の仕事に自信と誇りを持てる人財になるためにも、成長と努力でプロの技を身につけ、素晴らしいプロ集団を目指してまいりましょう。